with T1

SYM T1に乗ってます!まだまだ未開拓のバイクなのでこのブログで少しでも広まればいいな~

カスタム

T1 ヘッドライトHID化

T1のヘッドライトは最近流行の異形型です。丸型に比べて効率は悪いです(キッパリ
特にLOWにしてるとフロントタイヤ前が照らされない死角部分ができてしまっていてなんともいえない気分になりますwかっこいいんだけどな~どうせならGROMみたいにプロジェクターにしてくれたらよかったのにと思いつつ買ってしまいました。
HID キット【送料無料】EVO 超薄型バラスト H4 (Hi/Low切替式)4300K〜10000K 最新ICデジタルチップバラスト採用 バイク用HIDフルキット HIDキット 35W
HID キット【送料無料】EVO 超薄型バラスト H4 (Hi/Low切替式)4300K〜10000K 最新ICデジタルチップバラスト採用 バイク用HIDフルキット HIDキット 35W



最近はHID安いし失敗しても気にしないレベルですよね。コイツは3400円程で購入できます明るさと省電力化できるなら安いもんですよね!
ちなみに私は35w 4300k のリレーレスを購入しました。T1のヘッドライトは標準だと55w/60wのものが使用されていますがHIDで55wだと明るすぎて対向車に迷惑がかかるので35wにしました。
あとは雨天時の見易さを意識して4300kにしました。6000kでもいいと思いますがなんだか4300kの方が温かみがあるような気がするのでこっちしました。8000k以上のものはファッション性だけで実用性はないのでオススメできません。

リレーレスは色々と言われていますが、35wのものを付けるし問題はないでしょう。


 

T1にスクリーン装着!

SYM T1はネイキッドなので標準ではスクリーンはついてない、長距離ツーリングなんかに行くとお腹に結構風がきて押されている感じがする。だからスクリーンをつけてみました。

T1には異形型スクリーンというのがあるようなのですが形が微妙┐('~`;)┌ 
自作で何とかならないかとヤフオクで探していたとき見つけたものがコレ!

\NINJA250 2014  スクリーン/ 
mayatosa66-img600x450-1388415268vbbp4d63205
mayatosa66-img600x450-1388415267zuhzgi63205
mayatosa66-img600x450-1388415267w0rusv63205

 すごい一体感を感じる。今までに無いすごい一体感を!!
 ちなみにninja'13モデルも ninja'14モデルも形は一緒なのでどっちでも使えると思います。



そのままだと干渉する部分があったので、プラスチックカッターで下の干渉する部分を切り落としました。
これを使うと綺麗にきれます。ホームセンターで400円ほどで売っていました。

カウルとスクリーンの間にはクッションとしてスポンジを挟んでいます。

 BfTBqscIQAAQpPh
こうなりました。えっ?工程は??残念取り忘れていましたw


DSC_1059
DSC_1080
DSC_1060
こんな感じになりました。乗車視点と横からはかっこよくなりました。
正面からみた感じはちょっと広がりすぎ?になりましたね。
走行時の感想は、お腹に来る風は激減しました。快適です!メットに来る風は変わらないかな?
角度をもう少し立ててもいいのですが、そうすると高速時にメットへの風が増えてしまう。速度が遅くなったとかはまったく感じません。ネジ3点だけで留めているのですが耐久性も十分です。


158161
 カーボンシート買ってこんな感じにしてみたいなーw
この調子でどんどんカスタムしていこう!!

T1にシガーソケット装着!

これからだんだん暖かくなり遠出したくなりますよね~。で出先で電池に困らないよう今のうちにSYM T1にシガーソケットをつけちゃいましょうという事で
・バイク用防水シガーソケット

・バイク側との接続に使うコネクター
この3点を用意しました。
バッテリー上がり防止のために、電源のキーをONにしたときのみ電気が流れるようにします。 


もし圧着ペンチをもっていない方は
エーモン E2 ターミナルセット 中
エーモン工業(amonkogyo)
2012-05-09

このセットを購入することをオススメします!これならエーモン 1151 ギボシ端子セット (8個入)は購入しなくても中にセットになっていますし、工具もついて1200円程で便利です。




■まずはバイク側の準備をしましょう。
※作業はかならずキーをOFFの位置にしてから行ってください。


DSC_1070
T1は本体の後部シートを鍵をではずすことができます。はずしたら赤丸の部分のネジをはずしてください。


DSC_1101
はずせたら中にこのようなカプラーがあります。作業しやすいようにカプラーをいったん外しましょう。
赤丸で囲んだ線が電源オンで電流が流れる線です。そしてこの線に電源取り出しコネクターをつけます。
 電源取り出しコネクターは線に挟んでペンチでカチッと音がなるまで挟んでください。
 

シガーソケット側は
DSC_1076
私はこの位置につけたかったので赤丸の部分に線を通します。


DSC_1077

 バイク正面から見て右側のフォーク近くです。先ほどの線を赤丸の部分から矢印の方向へ


DSC_1078
バイクをしたから覗き込むと線が見えるでしょうからそれを引っ張ります。そして赤丸の部分で留めましょう。
こうすることで線がブラブラするのを防げます。そして赤矢印の方へもっていきましょう。
お疲れさまでした、おそらくここまでが一番面倒くさかったのではないでしょうか?笑



DSC_1103
それでは最後の作業です。
 +側の線の先を切り落としてギボシに付け替えます。先に小さいカバーを通すのをお忘れなく。


 DSC_1104
ギボシをつけるとこんな感じになります。
コレを先ほどつけた割り込みコネクターに差し込みましょう。つけたあとはちゃんと防水カバーをかぶせておきましょう。


DSC_1105

これで最後です。残ったマイナス側をどこでもいいのでネジと一緒に閉めておきます。
私は左の赤丸部分につけました。電源と連動してオンになることを確認できたら終了です。


 
ギャラリー
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング
  • キャンプツーリング